睡眠学習

睡眠学習とは?

睡眠学習とは、眠っている間を利用して、記憶学習をすることです。
もしこれができれば、こんなに楽なことはないですよね?眠っている時間がもったいないとか、その時間を利用して勉強したい!というかたには、もってこいの受験勉強法です。問題は、それが本当に有効なのか?ということです。

 

睡眠学習機は、かなり昔から雑誌の広告をにぎわせていました。
枕に、カセットテープのデッキが埋め込まれているだけの単純な構造になっています。音楽CDでBGMも流したり・・・。ところが、この睡眠学習器、じつは科学的根拠がないのをご存じでしたか?脳科学者は、眠っている間に学習する効果を認めていません。日中、学習しているときに「バラの香り」を嗅がせ、それを睡眠中に嗅がせると、記憶の定着率がアップするということは分かっていますが・・・。

 

でも最近になって、熊本大学発生医学研究所が睡眠学習の可能性を発表しましたね。
神経伝達物質のドーパミンは、記憶学習のさいに分泌されますが、同時に睡眠を抑制する(妨げる)効果があります。受験勉強で夜中まで頑張っていると、そのあと興奮して寝付きづらいのは、脳内にドーパミンが多量に分泌されているからです。

 

睡眠中に学習するとなると、寝ている間にドーパミンを出さなければなりません。
そうなると脳が冴えてきて、眠りを妨げる危険性があると考えられてきました。ところがドーパミンが眠りを抑制する回路と、記憶が形成される回路は別のものということが判明したそうです。睡眠を抑制することなく、記憶形成にかかわるドーパミン神経の活性化に成功したわけです。

 

疑似科学としての睡眠学習は昔からありましたが、実際の脳科学においては、ようやくその効果が解明されだした段階といえそうです。

 

 

>> 東大記憶法 〜記憶力90日向上プロジェクト〜(記憶法・遠隔セミナー)

睡眠中に記憶されるのはいつ?

睡眠といっても、大きく2つに分けられます。レムとノンレムですね。
レム睡眠は浅い眠りといわれており、夢を見ている段階です。このとき感覚系(視覚や聴覚、触覚など)からの脳への入力はストップしています。また脳から筋肉への指令も遮断されています。この状態によって、物音がしても気づきませんし、電気がついても気づかないわけです。また夢を見ても、体が反応しないようになっています。

 

いっぽう深い眠りであるノンレム睡眠のときは、周囲の物音や光を多少、感知できる状態にあります。
また寝返りをうったりして、体が動くのも、このノンレム睡眠のときです。

 

以上の2つの睡眠状態を比べると、睡眠学習ができるのは、周囲の音が聞こえるノンレム睡眠時だと考えられます。睡眠の比率でいえば、ノンレムのほうが多いので問題ないかと思います。人は眠りに入ると、まず深いノンレム睡眠に入っていきます。そして2つの眠りを交互に繰り返しながら、明け方に近づくほど、ノンレム睡眠は浅く短くなっていきます。その点から考えると、寝初めの90分間のノンレム睡眠時に、音声を聴くと効果的なような気がします。

 

一晩中、音を流し続けても、潜在的に脳が疲れてしまう可能性があるので、「寝初めの90分間だけ音声を聴く」のが無難です。

睡眠学習で流す音声の内容は?

睡眠学習というと、理解しづらい教科書をすべて読み上げ、それを録音しようとする人がいるかもしれません。でも、それは、あまり効果がないように思います。なぜなら「理解学習」をするためには、前頭葉のワーキングメモリが明瞭に働いていないといけません。ところが睡眠中は前頭葉が、うまく働きません。レム睡眠中は、前頭前野が完全に機能ダウンしているので、奇抜な夢を不思議に思わないですし、ノンレム睡眠時は前頭葉だけではなく、大脳全体の働きがセーブされています。

 

このような状態にありますから、ノンレム睡眠時に睡眠学習機によって「テキストの読み」を聴いたところで、理解できません。論理的思考、判断力、理解力は睡眠中に発揮できないと考えられます。

 

もし睡眠学習を活用するなら、「英語の単語と意味」とか、熟語、連語、構文とか、単純な「知識記憶」にしたほうがいいです。丸暗記できるような事項ですね。歴史で言えば、日本史や世界史のテキストを吹き込むのではなく、「年号と事件名」などを吹き込むわけです。

 

すべてを睡眠学習に頼れるなら楽でしょうが、やはり、そんなうまい話は存在しないということですね。
起きているときに明瞭になっている「顕在意識」は、睡眠中はお休みしています。そのかわり「潜在意識」が前面に出てきています。

 

睡眠学習とは、その潜在意識に直接、記憶を埋め込もうという試みです。
しかし、催眠でも暗示でもそうですが、潜在意識に直接アクセスしようというときは、かならず顕在意識の働きが弱まっています。つまり理解力や思考力、判断力などが働かないのです。

 

やはり、理解を伴う教科書の読みとか、過去問を考えながら解いたりという努力は、顕在意識が明瞭になっている「起きているとき」にするしかないわけですね。たとえ科学的に睡眠学習が可能と認められても、高校受験や大学センター試験の受験勉強、難関の国家資格試験の努力がなくなるわけではありません。まさに学問に王道なしです。

寝る前に勉強するだけで、同等以上の効果がある

睡眠学習法というと、「意識がない、眠っているときに勉強すること」にこだわりがちです。
しかし脳のしくみから考えると、べつに、無理に眠っているときに記憶学習をする必要はありません。

 

1日の最後に受験勉強をして、そのあと速やかに睡眠に入れば、記憶が干渉を受けることなく、睡眠中に脳内で整理されて定着していきます。それにたいして朝勉とか昼に学んだことは、そのあと脳内に入ってくる情報によって干渉されます。しかも、覚えたことは時間が経つにつれて、だんだん薄れていきます。

 

エビングハウスの忘却曲線によると、たった20分後には覚えたことの42%を忘却するといいます。1時間後には、じつに56%を忘れてしまいます。1日たつと74%も頭から消え去ってしまいます。その点から考えると、夜に勉強をして、そのあとすぐに眠りにつけば、忘却してしまう前に脳内で記憶が整理され、定着されます。

 

睡眠中は、レムであれノンレムであれ、両方の時間帯で記憶を整理しているといわれています。
今までは夢を見ているレム睡眠のときに、記憶を整理しているといわれてきました。しかし脳の働きが低下しているノンレム睡眠のときも、記憶の整理に大きく関係していることが分かっています。

 

睡眠学習がノンレム睡眠時にしか有効ではなく、しかも「理解学習」には適さずに「記憶学習」限定なのにくらべると、寝る前の学習は、とても可能性に満ちているわけですね。寝る前に教科書を理解しながら勉強すれば、そのあとの睡眠で記憶に定着しやすくなります。

 

以上のように、睡眠学習機にとくにこだわらなくても、夜寝る前に勉強をする・・・この方法だけで睡眠学習以上の効果が期待できるわけですね。なお、早朝や昼間、晩に勉強しているというかたは、寝る前に、その日学んだことを軽くでもいいので「復習」すると、記憶の減退や干渉を抑え、睡眠中に効率よく記憶を定着させることができます。

 


 

 

■あっという間に、英単語や歴史の年号を記憶する方法とは?
>> 記憶術日本一の藤本憲幸氏による記憶術 <<