脳 学習

脳を知れば学習効果が高まる!

脳と学習は、切っても切り離せない関係にあります。
もっと広く考えると、人間の活動すべてが、何らかの形で脳とかかわっています。スポーツしかり、芸事しかり、睡眠やダイエットしかり・・・。趣味を楽しんでいるときは、脳がシータ波を発生させているので、すぐに覚えることができます。勉強も楽しんでする・・・ここに受験勉強法の極意があるのかもしれませんね。

 

上記のように人間の活動には様々なものがありますが、学習をするときは、とくに脳力をつかいます。
受験勉強法といっても、しょせんは、脳の特性を理解し、それに沿ったやり方をすることに尽きます。
つまり脳科学の見地から勉強法を考えていく、ということですね。

 

脳は、いろいろな情報を取り込みながら「学習」をしていきます。
コンピューターに一度情報を書き込むと、引き出すときには、そっくりそのまま正確に表示します。でも人間の場合は、覚えたと思ったことでも、なかなか性格にアウトプットできなかったりします。人間の記憶はあいまいであり、忘れっぽいという性質があるのです。これは脳のデメリットのように思えますが、じつは忘れっぽいからこそ、抽象的思考ができるわけです。

 

また、情報を取り込んでいくにつれて、新たな学習がともないます。その時々で記憶が持つ「意味」が違ってくるのです。昔はつらかったことでも、今から考えると「いい思い出」になることがあります。これなどは、記憶の意味が塗り替えられた証拠です。コンピューターは情報を取り込んでも、元のソフトウェアは変わりませんが、人間の場合は、情報を記憶することが、元のソフトウェア(考え方、価値観)のバージョンアップにつながるのです。

 

そのほか、人間は扁桃体で、情報の選り分けを行なっています。自分にとって重要か、そうでないか、あるいは好きか嫌いかという感情で、取り込まれた情報を選別し、取捨選択するのです。人間の脳とコンピューターには、そのような違いがあります。

 

脳の学習能力は、知識のインプットという点では、コンピュータやパソコンにはかなわないかもしれません。しかし抽象的な思考や想像力、判断力においては人間のほうに軍配が上がります。

 

 

 

脳の学習のメカニズムは、複雑です。五感から取り込んだ外部の情報を、視覚野や聴覚野などで、まず認知します。それを側頭葉や前頭葉などで調理することが、思考の過程です。ふつうに見聞きするだけでは、前頭前野のワーキングメモリを通過して消えていくだけですが、そこに意味づけというか一定以上の強さの印象が加わると、それは海馬に送られ短期記憶となります。ワーキングメモリよりも、もっと長く覚えていられる「中期記憶」といった感じです。

 

受験勉強法としては、短期記憶の状態では合格できません。かならず長期記憶まで昇格させて、それを自由自在に取り出せる状態にしておく必要があります。脳で学習したことでも、それが脳の樹海の奥深くに埋もれてしまっては、何の意味もないからです。さらに、そういった知識を、手を通してアウトプットできるようにするために過去問や模試の場数も踏む必要があります。

 

脳は学習によって、どんどん進化していきます。
海馬の歯状回にある顆粒細胞は、3、4カ月ですべてが入れ替わります。脳のなかで唯一、増殖する細胞なのです。ここは記憶力をつかさどっており、この部分を鍛えることが記憶力、暗記力の向上のカギを握っています。さらに海馬の性能が、集中力ややる気にも関係します。またストレスにも強くなります。

 

脳の特性を知って、それを受験勉強や資格取得の学習に取り入れれば、勉強効率が高まり、高校受験、大学センター試験、難関の資格試験の合格が、より確実になることは間違いのないことでしょう。

 


 

 

■あっという間に、英単語や歴史の年号を記憶する方法とは?
>> 記憶術日本一の藤本憲幸氏による記憶術 <<

脳と学習の方法を解説!記事一覧

記憶力を向上させる方法とトレーニング法とは?

記憶力を向上させる方法は食べ物やサプリ、ましてや怪しい薬などではありません。「暗記パン」があれば、歴史の年号も英単語も、あっというまに記憶できるのに・・・と考えたことがあるかもしれませんが、そんなにうまい方法は存在しません。しかし、今よりは記憶力を向上させ、思い通りに暗記できるやり方はあります。記憶...

≫続きを読む

 

暗記法のコツと秘訣はコレ!〜効率のいい覚え方

暗記法をマスターするかどうか・・・ここに、中学・高校受験や大学受験の合格のカギがあるといっても過言ではありません。また条文を記憶する司法試験がある弁護士、行政書士、司法書士、税理士、会計士、弁理士、簿記、一級建築士、ファイナンシャルプランナーなどなど、どのような資格試験であっても、暗記の方法は必要に...

≫続きを読む

 

効果的な覚え方とは?〜思い出しやすく忘れにくい”記憶の極意”

効果的な覚え方・・・これさえ分かれば高校受験や大学受験も苦になりません。遠回りすることなく最短距離で、覚えるべきことを記憶・暗記していけることでしょう。ほかのページでは、概要理解→詳細の記憶→アウトプットという流れで解説していますが、ここでは、また違った角度から、効率的な覚え方の極意を語っていきまし...

≫続きを読む

 

睡眠学習の方法と効果とは?〜機械がなくても記憶できる

睡眠学習とは、眠っている間を利用して、記憶学習をすることです。もしこれができれば、こんなに楽なことはないですよね?眠っている時間がもったいないとか、その時間を利用して勉強したい!というかたには、もってこいの受験勉強法です。問題は、それが本当に有効なのか?ということです。睡眠学習機は、かなり昔から雑誌...

≫続きを読む

 

脳のトレーニング方法〜脳トレで頭を鍛える効果とは?

脳のトレーニングは、いまやテレビでも雑誌でも人気がありますが、これ自体はとてもよい傾向だと思います。脳年齢をはかる問題とか、脳力開発ドリルとか販売されていますね。左脳や右脳といった用語も、今では誰もが耳にしているほど一般的になっています。じつをいえば脳トレといっても特別なものではなく、日常生活のなか...

≫続きを読む

 

英語のリスニングでお悩みの方へ