受験勉強 やる気

受験勉強でやる気になる、とっておきの方法とは?

受験勉強でやる気になる・・・これができれば半分、試験に合格したようなものです。毎日の勉強が苦にならない、自分の気持ちをコントロールできる・・・このような状態になれば、怖いものなしです。試験でもスポーツでもそうですが、自分自身に打ち勝つことが、いっさいの勝利の元だからです。

 

受験にもいろいろあります。中学受験や高校受験、専門学校の試験でやる気になる、大学受験でやる気になる、などなど。また、各種難関国家資格の勉強において、モチベーションを維持するといったように、学習においては必ず必要となります。

 

受験勉強でやる気になるということは、脳内でドーパミンを分泌させるということであり、海馬を活性化する、ということです。それには、勉強が楽しい!好きだ!と思えるようになることが一番です。そうすればドーパミンの分泌が、アセチルコリンの生成を増加させ、海馬や前部帯状回からシータ波が発生します。これが意欲の元です。また側坐核もかかわっています。

 

ドーパミン学習をすれば、受験でやる気になれるというわけです。
そのためには、いかにして「快感」や「達成感」を得るか、ということがポイントになります。

受験でやる気になるには、達成感を得ること

達成感を得ることができれば、脳内にドーパミンが分泌され、また同じ行動をとりたくなります。ギャンブル依存症やたばこ、酒(アルコール)も似たような仕組みです。また麻薬や覚せい剤は、脳内の報酬系を増幅させる作用があるので、またほしくなるのです。

 

受験勉強においても、これを応用しましょう。
あまりに遠大な目標を立ててしまうと、そこにたどり着くまでに息切れしてしまいます。なんの手ごたえも感じられないために、受験勉強のやる気が出てこないのです。

 

そこで、目標を細かく設定するようにします。たとえば1週間単位で。あるいは今日1日の目標。
今日やることを朝に決めて、紙に書きだすのです。あるいは頭で覚えておいてもよいでしょう。このときのポイントは、無理なノルマは課さないということ。それでは達成どころか、高い確率で失敗するからです。

 

そうではなく、絶対に達成できる量のノルマを課すのです。受験参考書を1ページやる。はじめは、これでもいいと思います。あるいは時間でもよいでしょう。1時間だけ勉強しよう!あるいは、2時間は頑張ろう!と。大事なことは、具体的な数字にすることです。明確な数字にしなければ、達成できたのかできなかったのか、うやむやになり、自信につながらないからです。

 

このように簡単な目標を毎朝立てて、それを確実にこなすことで、毎日、その日の終わりには必ず達成感が得られます。

 

そうすると脳内からドーパミンが分泌され、また明日も同じ行動をとりたくなります。これが、どんどんエスカレートしていけば、学習意欲を高めていくことができます。ポイントは、絶対に達成できる目標を立てる、ということです。

外発的動機を活用しよう!

人は、なにか褒美がもらえるとなると、それを楽しみとして、たとえ嫌なことでも頑張ろう!と考えるものです。これを外発的動機といいます。

 

犬にしつけをするときも、餌という報酬を与えることによって、「お手」など覚えこませやすくなります。犬は餌欲しさに、つまらない芸事も頑張ろうとするからです。人間にも同じことが言えます。ただし、これを自分でやるのです。

 

受験勉強を1時間だけ頑張ったら、そのあと好きな映画をDVDで観よう!とか。
そうすると、それが楽しみになり、受験勉強のやる気が出てきます。仕事のあとのビールの味が格別なように、勉強に集中したあとのご褒美も、また格別なものです。それを脳が記憶すれば、ドーパミン学習となり、また同じことをしたくなります。このようにして外発的動機を活用した、勉強の習慣がしぜんと出来上がります。

 

実は、前項で解説した「達成感」も、立派なご褒美です。これも外発的動機という心理効果を活用したモチベーションアップ法といえます。ほしいものや趣味などが特にない人は、達成感や快感という精神的な褒美をもうけるといいかもしれませんね。

あえて勉強時間を短く設定してみよう!

受験勉強でやる気を出すには、だらだらと長時間やろうと思わないことです。
たとえ1時間(60分)であっても、集中力を最大限に発揮すれば、それは3時間の勉強にも匹敵します。

 

そもそも人間の集中力は、1時間半(90分)が限界といわれています。なかには60分程度、あるいはもっと少ない人もいるでしょう。学校の授業も、だいたいこのくらいの時間に設定されているのは、人の集中力はこれ以上もたないことが分かっているからです。ですから自宅で学習するときも、この原則を外れないようにしましょう。

 

受験勉強のやる気がない人に限って、焦る気持ちから、だらだらと長時間机に向かいがちです。でも人間の集中力や記憶力は60分〜90分が限度ですから、どうしても勉強効率が下がってきます。そして、ぜんぜん理解できない、覚えられないということになり、さらに勉強嫌いに陥っていくという悪循環になるのです。

 

勉強時間を短く設定するのには、ほかにも理由があります。
人は中途半端なところで物事をおえると、潜在意識下で、ずっとそのことを気にし続けます。たとえばドラマを観ていて、いいところで終わる。そうすると、次の展開が気になり、はやく観たくなります。しばらくするとドラマのことなんか忘れてしまっても、潜在意識下ではずっと考え続けています。受験勉強においては、脳内でずっと反復、復習をしていることになり、これが記憶の定着を促進する効果があります。

 

ですから勉強時間を1時間と決めたら、どんなに気分が乗ってきたとしても、そこでぴたっとストップするようにします。問題を解いている途中であってもです。名残惜しい、という気持ちが大切なのです。そのかわり、1時間はトイレにも行かず、ネットでよけいなサイトを見ず、メールも見ないことが大事です。それこそ鬼のように集中するわけですね。

 

いいところで終わって、次が楽しみになるという効果をツァイガルニック効果と呼びます。
そのほか、勉強時間を細切れにすることで、はじめの事と終わりの事を覚えやすくなります。これを初頭効果新近効果といいます。何事もはじめと終わりだけは覚えていたりしますよね?勉強時間の「表面積」を多くすることによって、記憶できる量が必然的に増えるのです。

 

時間を明確に区切ることには、カリギュラ効果も働いています。
これは禁止されると、かえってそれをやりたくなるという心理効果。「○○を見るな!」といわれると、こっそりと見たくなってくるものです。勉強の続きをやりたくても、時間が来たら、あえて禁じる。過去問を解いている最中であっても・・・。これが次回の受験勉強のやる気につながるわけですね。

 


 

 

■あっという間に、英単語や歴史の年号を記憶する方法とは?
>> 記憶術日本一の藤本憲幸氏による記憶術 <<

後記

高校受験で勉強のやる気が出ない、あるいは大学センター試験のモチベーションが持続しないということで、悩んでいる人は多いものです。そのため、ネットでやる気の出る言葉や名言、格言、画像(壁紙など)、歌、音楽の曲を探したりするわけですね。しかし、実はやる気の元は自分の脳内にあります。人から励ましの言葉をもらうのも悪くはありませんが、まずは足下をほってみましょう。
子供が勉強のやる気が出ないという場合は、親に責任があることもあります。その場合は、できるだけ褒めるという手法を使うとよいでしょう。子供の脳力は、ほめられると芽を出し始めるからです。そのほか近視や遠視が原因となって、勉強に集中できないこともあります。あるいはうつ病や精神疾患の場合もあったりします。
大学受験でやる気が出ないとか、医学部受験や大学院編入試験で意欲が出ない、といった場合は、本文で述べているようなことを参考にしてください。そのほかにも、じつは多くのモチベーションアップ法があります。いきなり受験参考書や教科書を手に取るという方法もあります。これは作業興奮という心理効果を狙った手法です。やる気があってもなくても、とにかく強制的に受験勉強を始めてしまうのです。そして勉強をしているうちに、徐々にエンジンがかかってきて、受験勉強に対するやる気が出てくるのです。誰にでも経験があるのではないでしょうか?これには側坐核という、やる気の発生装置がかかわっています。
英語のやる気が出ない場合は、とりあえずリーディングやスピーキングよりも先に、ヒアリングを先行させるというテクニックがあります。どんなにやる気がないときでも、耳からは音が入ってくるからです。目の場合は、そっぽを向いていれば見ないで済みますが、耳はそういうわけにはいきません。なんでもかんでも入ってきます。この特性を利用します。しばらくヒアリングをしているだけで、学習意欲がわいてきます。そうしたら英文を読んだり、音読をすればいいのです。音読をすれば、さらに気分が高まり、どんどん学習の波に乗っていけることでしょう。ヒアリング関連でいえば、音声教材を聴いたり、予備校の講義をicレコーダーやスマホで録音しておいたものを聴くのもよいでしょう。やる気のあるときには聴かずに、どうしてもやる気が出てこないときのために用意しておくのです。読むのが面倒なときは、耳から。これも秘訣の一つです。
なお本文中では、どうしても受験勉強でやる気の出ない人のための対策として、波に乗っているときに、あえて勉強を中断するという手法をご紹介しています。しかし、すでにやる気があり、勉強を持続していく自信がある人は、ずっと続けていきましょう。すでに脳内に太い神経回路があれば、習慣の力によって、意識を必要とせずに勉強を始められるからです。いったん習慣化すれば、何事もすんなり開始できるのです。習慣になるまでの1か月くらいは、本文で述べているようなことを活用するといいでしょう。もちろん、習慣になったあとに活用することも有効です。細切れ時間勉強法は、本文に書いているように、多くの心理作用によるシナジー効果が期待できるからです。

英語のリスニングでお悩みの方へ